厳しい環境あっての自分の真価

行動力や責任感の強さから海産部門のサブチーフとして期待を寄せられる吉澤さん。お客様が、かましんを選んで来店していただけるよう売場作りから広範な専門知識の修得や欠品を無くすような商品陳列などに日々心がけて取り組んでいる。サブチーフの役割として、チーフの補助のみならず、売場管理やキャストへの作業指示、発注に係る業務にも携わる。さらに一人のキャストさんに負担がかからないような配置分担もしっかりと配慮している。「厳しい環境に身を置くことは大変だが、必ず自身の成長につながること」と照れ笑いを浮べながら話す彼は、研修期間よりチーフや先輩たちの背中を見つづけていたので、わからないことや疑問に思ったことをそのままにせず、その場で確認したり、作業効率の向上や自分の考えや意見を提案したりして実行している。 自分自身には厳しく、常にお客様やキャストなど相手の立場で物事を考え、よりよい環境で全体を見通す目や行動はきっと彼をより成長させてくれることだろう。