初心の情熱こそが日々鍛錬の心得

身近なスーパーマーケットの根底にある常に安定した高鮮度な商品をお客様に提供し続けること。その使命をしっかりと理解し、実践している坂本チーフ。店舗内における惣菜売場は、その地域の特性を生かしたものであり、『ごちそう感』や『ボリューム感』のある手づくりの美味しさを追求することや、迫力のある売場作りを展開するよう考えることで自分自身の成長につながっている。実際に入社3年目で自分の思うような売場を展開させられたことは自分の実績として大きい。キャストや新人社員に対しての教育もその人の適正をしっかりと判断して、状況における適材適所の位置づけを行うことで部門運営や個人の能力開発の強化にもつながる。
こういった全ての行動も初心があるからこそであり、「お客様の目線になって考えることが重要」とする彼の本質があってのこと。管理する立場であっても向上心をもって何事にも取り組む姿勢は、これからも彼の大事な力の源です。